カテゴリートップへ  | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 |  次ページへ

2003年12月03日 (水曜日)

FedoraかDebianに - [Debian]

このままの調子だったら…、もう、早々にFedora Core 1へアップデートしようと決意。
それでも同じ症状ならば、ディスクパフォーマンスにも着手されたカーネル2.6を導入し、それでも残るならば、環境を捨て去り(^^;、Debianへ移行しようと決意。

素直にDebianの方が、Fedoraで踊るよりも後々楽なような思いもあり…。

投稿日時 : 13:07 | コメント (0) | トラックバック(0)

 

待たずにダメか…。 - [Debian]

うう(^^;、起きてくれ。寝てる場合じゃない。数分後もこのままやん。

26 ? DW 11:28 [kjournald]
83 ? SW 0:00 [khubd]
1392 ? SW 0:00 [kjournald]
1426 ? DW 0:07 [kjournald]
1459 ? DW 0:06 [kjournald]

投稿日時 : 01:25 | コメント (0) | トラックバック(0)

 

2003年12月02日 (火曜日)

kjournald対策はつづく… - [Debian]

インターバルを設けず、そしてブート時のfsckはウザいので、もうキャンセル…。

# tune2fs -c 0 -i 0 /dev/md2
tune2fs 1.32 (09-Nov-2002)
Setting maximal mount count to -1
Setting interval between check 0 seconds
# tune2fs -c 0 -i 0 /dev/md1
# tune2fs -c 0 -i 0 /dev/md3
# tune2fs -c 0 -i 0 /dev/md5

投稿日時 : 00:31 | コメント (0) | トラックバック(0)

 

2003年12月01日 (月曜日)

続kjournald - [Debian]

data=writebackへの続編

制限をろくに調べもせず、fstabを編集しrebootすると…、/がリードオンリー。あう。
困った時のKNOPPIX。焼いてて良かった(涙
今回、始めてKNOPPIXでmdデバイスのデフォマウントができることと、/mnt/下にhda1などと涙が出る配慮がしてあることに気づく。KNOPPIX様ありがとう(涙。解決策にたどり着くまでのその間、気が遠くなって2時間ほど鯖停止。

結局は、下記のように、/var、/www、swapをライトバック設定して様子見。
/と/bootもdata=writebackして、何度もハマりました(汗。その間、何度もKNOPPIX様に救われ…。

# cat /etc/fstab
/dev/md2 / ext3 defaults 1 1
/dev/md1 /boot ext3 defaults 1 2
none /dev/pts devpts gid=5,mode=620 0 0
none /proc proc defaults 0 0
none /dev/shm tmpfs defaults 0 0
/dev/md3 /var ext3 data=writeback 1 2
/dev/md5 /www ext3 data=writeback 1 2
/dev/md6 swap swap data=writeback 0 0
/dev/cdrom /mnt/cdrom udf,iso9660 noauto,owner,kudzu,ro 0 0

# mount
/dev/md2 on / type ext3 (rw)
none on /proc type proc (rw)
usbdevfs on /proc/bus/usb type usbdevfs (rw)
/dev/md1 on /boot type ext3 (rw)
none on /dev/pts type devpts (rw,gid=5,mode=620)
none on /dev/shm type tmpfs (rw)
/dev/md3 on /var type ext3 (rw,data=writeback)
/dev/md5 on /www type ext3 (rw,data=writeback)

後さらに、
http://www-6.ibm.com/jp/developerworks/linux/020222/j_l-fs8.html
を参考にして、
# echo 40 0 0 0 60 300 60 0 0 > /proc/sys/vm/bdflush
も実行。さぁ、これで2週間様子見。

投稿日時 : 09:06 | コメント (0) | トラックバック(0)

 

kjournald using too much CPU - [Debian]

ほおおお、他にも悩んでいる方がいた(^^;
http://lug.mtu.edu/lists/lug-l-0209/msg00030.html
http://www.linuxplanet.com/linuxplanet/reports/4136/5/
http://www.redhat.com/support/wpapers/redhat/ext3/index.html#toc

なるほど…、今の鯖スペックでは辛いのかな。
data=writebackにしてみようかな。

投稿日時 : 06:11 | コメント (0) | トラックバック(0)

 

2003年11月26日 (水曜日)

積算し続けるkjournald - [Debian]

kjournaldが積算し続けてしまう(^^;…。どうすればいいのだろ、もう謎。

# ps ax
PID TTY STAT TIME COMMAND
1 ? S 4:42 init
2 ? SW 0:00 [keventd]
3 ? SW 0:00 [kapmd]
4 ? SWN 0:00 [ksoftirqd_CPU0]
9 ? SW 0:00 [bdflush]
5 ? SW 0:21 [kswapd]
6 ? SW 0:00 [kscand/DMA]
7 ? SW 9:04 [kscand/Normal]
8 ? SW 0:00 [kscand/HighMem]
10 ? SW 0:00 [kupdated]
11 ? SW 1:06 [mdrecoveryd]
21 ? SW 0:00 [raid1d]
22 ? SW 0:51 [raid1d]
23 ? SW 0:00 [raid1d]
24 ? SW 0:00 [raid1d]
25 ? SW 0:00 [raid1d]
26 ? SW 112:55 [kjournald]
83 ? SW 0:00 [khubd]
2432 ? SW 0:00 [kjournald]
2433 ? SW 1:45 [kjournald]
2434 ? SW 6:14 [kjournald]
2754 ? S 0:12 syslogd -m 0
2758 ? S 0:00 klogd -x
~以下略~

投稿日時 : 01:12 | コメント (0) | トラックバック(0)

 

2003年11月15日 (土曜日)

RHL9からRed Hat Professional Workstaionはダメ - [Debian]

Red Hat Linux 9からRed Hat Professional Workstaion
へアップグレードしようとしたところ、ダメでした。アップデート対象と認識されず…。

ダメじゃん。
やっぱFedora Coreですか(汗。

投稿日時 : 05:03 | コメント (2) | トラックバック(1)

 

カテゴリートップへ  | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 |  次ページへ