« kjournald using too much CPU | ブログトップ | kjournald対策はつづく… »

2003年12月01日 (月曜日)

続kjournald  カテゴリー [Debian]

data=writebackへの続編

制限をろくに調べもせず、fstabを編集しrebootすると…、/がリードオンリー。あう。
困った時のKNOPPIX。焼いてて良かった(涙
今回、始めてKNOPPIXでmdデバイスのデフォマウントができることと、/mnt/下にhda1などと涙が出る配慮がしてあることに気づく。KNOPPIX様ありがとう(涙。解決策にたどり着くまでのその間、気が遠くなって2時間ほど鯖停止。

結局は、下記のように、/var、/www、swapをライトバック設定して様子見。
/と/bootもdata=writebackして、何度もハマりました(汗。その間、何度もKNOPPIX様に救われ…。

# cat /etc/fstab
/dev/md2 / ext3 defaults 1 1
/dev/md1 /boot ext3 defaults 1 2
none /dev/pts devpts gid=5,mode=620 0 0
none /proc proc defaults 0 0
none /dev/shm tmpfs defaults 0 0
/dev/md3 /var ext3 data=writeback 1 2
/dev/md5 /www ext3 data=writeback 1 2
/dev/md6 swap swap data=writeback 0 0
/dev/cdrom /mnt/cdrom udf,iso9660 noauto,owner,kudzu,ro 0 0

# mount
/dev/md2 on / type ext3 (rw)
none on /proc type proc (rw)
usbdevfs on /proc/bus/usb type usbdevfs (rw)
/dev/md1 on /boot type ext3 (rw)
none on /dev/pts type devpts (rw,gid=5,mode=620)
none on /dev/shm type tmpfs (rw)
/dev/md3 on /var type ext3 (rw,data=writeback)
/dev/md5 on /www type ext3 (rw,data=writeback)

後さらに、
http://www-6.ibm.com/jp/developerworks/linux/020222/j_l-fs8.html
を参考にして、
# echo 40 0 0 0 60 300 60 0 0 > /proc/sys/vm/bdflush
も実行。さぁ、これで2週間様子見。

投稿日時 : 2003年12月01日 09:06 | このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加
blog.galaxiesのQRコード
この投稿のURL:
トラックバック(?)URL:

トラックバック一覧

コメント一覧

投稿記事の関連商品|Amazon

投稿記事と関連するGoogle検索